単なる交通費じゃない!気持ちを伝えるお車代について知りましょう

いくら包めばいい?結婚式に参列するゲストのお車代!

>

もしもお車代が出せない場合には

お車代が出せないときには

結婚式自体、どうしても費用がかかることではありますが、さらに招待したいと思っているゲストが遠方の方ばかりだと、お車代だけで相当な金額になる可能性があります。

そうなると、予算の都合上お車代が出せない…と悩んでしまう方もいらっしゃるかもしれません。

そんな場合も、あきらめずにいろいろと検討してみましょう。

ウェディングプランナーに相談できる場合には、まず相談をしてみることをおすすめします。
『お車代を出せない代わりに、ご祝儀は辞退させていただきます』といった方法もあるからです。

ただ、予算が厳しいからといって、安易に「お車代を出さない」という選択をしてしまうのはあまりおすすめできません。

これまでのページでも何度もご紹介してきた通り、地域や親戚同士の考え方によっては、お車代は出すのが当たり前という認識になっている可能性があるからです。

まずは十分な検討を

お車代を出すのが当たり前の地域の場合、お車代が出ないとそれだけで「非常識な人たち」という印象を持たれてしまうかもしれません。

前のページでの金額の話と同様に、十分な情報収集を行った上で、お車代を出すかどうか、どのくらい出せるかを考えてみましょう。

また、最終的にお車代を出さないと決めた場合には、やはり早めにゲストに伝えておく必要があります。
ご祝儀を辞退する場合には、そのことも伝えておきましょう。

ただし、新郎新婦から『ご祝儀は辞退させていただきます』という話があっても、やはり当日ご祝儀を用意してきてくれるゲストはいらっしゃるかもしれません。

そういったときにどう対応するかも、事前に両親やプランナーと相談し、決めておくことをおすすめします。


何かと悩ましいことの多いお車代ですが、大事なのは何よりゲストへの感謝の気持ちです。
支えてくれる周囲の方への感謝の気持ちを忘れずに、素敵な結婚式にしてくださいね。


この記事をシェアする