単なる交通費じゃない!気持ちを伝えるお車代について知りましょう

いくら包めばいい?結婚式に参列するゲストのお車代!

>

忘れないで!大切な『お車代』について

『お車代』ってどんなものなの?

『お車代』というこの言葉。
もしかすると、今初めて聞いたという方もいらっしゃるかもしれません。

『お車代』は、簡単に言うと交通費のことを指します。
遠くに住む親戚の方や友人の方など、結婚式のためにわざわざ遠方から来てくださる方のために用意するお金です。

飛行機や新幹線などを使って遠方から来れば、時間がかかるのはもちろんですが、移動にかかるお金だけでも相当なものになります。

そこで、それほどのお金をかけてわざわざ結婚式へ来てくださるゲストのために、「遠くから来てくれてありがとう」「遠くからの移動は大変だと思いますが、せめて交通費くらいは負担させてください」という意味合いで渡すのがお車代です。

なお、名前は『お車代』となっていますが、飛行機や新幹線などを利用した場合でもお車代と呼びますし、場合によっては宿泊費の分も含めた金額になることもあるようです。

引出物とは異なる

結婚式に来てくれた方に渡すもの、というと引出物を想像する方も多いかもしれません。

ですが、お車代と引き出物はまったく別のものです。

引出物は結婚式に来てくれた方全員に渡しますが、お車代は全員に渡すとは限りません。
遠方から来てくれた方に限って渡し、比較的近くから来た方には渡していない、という場合が多いようです。

また、お車代を渡した方にも、もちろん引き出物は渡します。

お車代は、結婚式当日に限られた方にのみ渡すもののため、渡すときには他のゲストの方に見られないようにこっそりと、というのがポイントになってきます。

または、新郎新婦からではなく、受付のときに受付にいる方から渡してもらう、という方法をとっている場合もあるようです。

いずれにしても、お車代については渡し方もよく考えておく必要があります。


この記事をシェアする